車いす 10台を三原市へ寄贈しました

去る9月2日、当協会の津村会長、小林公益対策特別委員長、舛谷三原支部長の3名が、天満祥典三原市長を訪問し、三原市へ車椅子10台を寄贈いたしました。

市では本庁舎のほか、くい文化センターや本郷公民館、白竜湖スポーツ村公園等車椅子の設置されていない施設及び老朽化により更新の必要な施設10か所に配備され活用されるそうです。

当協会は、平成25年4月より公益社団法人に移行し、公益目的事業の一つである「地域社会への協力」事業の一環として、今年は、尾道市(8/1)、福山市(8/17)、三原市へそれぞれ車椅子を寄贈いたしました。